奨学金が返済できず自己破産【今後の生活はどうなるのか教えて!】

奨学金が返済できず自己破産【今後の生活はどうなるのか教えて!】

奨学金が返済できず自己破産【今後の生活はどうなるのか教えて!】

家庭裁判所に自己破産の申立をし、自己破産を認められると破産宣告されます。
そして、その後免責が認められる事で借金の返済責任は無くなるのです。
裁判所では、自己破産の申立人の収入と借金の金額から、今後3~5年以内に借金の返済が出来るかどうかを判断し、破産宣告を下すそうです。
ですから、中には申立をしても認められない方もいるのです。
破産宣告され、借金が帳消しになったからと言って、全て解決された!と思ってはいけません。
借金が帳消しになるのと同時に社会的制裁や制限を受ける事になるのです。
その一つにローンなどの借金が一切出来ない事が上げられます。
消費者金融からの借入は勿論、車のローンや住宅ローン、子供の教育ローンも利用する事が出来ません。
子供に係る教育費は、家計の中でも大変負担が大きいそうです。
年齢が上がるほど塾などの習い事に係る費用が大きくなり、そして大学進学ともなると1,000万円以上になると言われています。
1,000万円以上の大金を一括で支払える裕福な家庭であれば良いですが、やはり教育ローンなどに頼る事になります。
しかし、両親が自己破産しているとローンは利用出来ません。
そこでおススメが子供が借入する事になる奨学金です。
奨学金は子供が借りて子供が返済するので、両親が自己破産していても審査に影響しません。
ですから、両親が自己破産している、経済的に厳しい場合は奨学金がおススメなのです。
奨学金は子供が社会人になってから返済する事になりますので、両親の負担にはなりません。

知っておこう!自己破産の前に

>>自己破産はいくらから?
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ