※自己破産を考えています、自己破産のための費用はいくらくらい?

※自己破産を考えています、自己破産のための費用はいくらくらい?

※自己破産を考えています、自己破産のための費用はいくらくらい?

借金が払えなくなった人が真っ先に考える手続きの一つである自己破産は、借金といわれるものはほぼ全て支払いを免除されますので、生活の立て直しに大きなメリットがあります。一方で、自己破産申し立ては裁判所を通す手続きですので、用意しなければならない書類もたくさんありますし、書類の作成に時間もかかります。また、債権者や裁判所とのやり取りも頻繁になりますので、通常は費用を払って弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼しています。
自己破産の場合には、申立てにかかる実費が大体2万円程度、専門家に支払う費用の相場は20~30万円程度となっています。同時廃止の場合にはこれくらいの相場で全ての支払いが終了しますが、管財人をつけなければならない場合には、管財人報酬として別途費用が発生しますので要注意です。管財人がつくのは、会社の社長や役員、個人事業主などの破産申立てや法人、資産家の申し立てのときなどです。このときの管財人報酬の相場は、債権額や所有資産などの規模によって異なってきますので、一概にはいえません。かなり規模の小さい破産申立ての場合でも、数十万円は必要になりますし、通常は100万円を超える予納金が必要になるケースもあります。一括で支払えない場合には分割で納めるなど、裁判所によって取り扱いが異なっていますので、申立てをする前に、管財人がつく可能性があるか、ついたときには予納金をどうするか確認した方がよいでしょう。

知っておこう!自己破産の前に

>>自己破産はいくらから?
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ